外国人男性が「日本人女性とは結婚するな」と言う理由

外国人男性が日本女性と結婚しない理由

英語圏のフォーラムを見ていると「日本人女性とは結婚するな」というアドバイスが頻繁に登場する。滞日外国人男性の間では、日本人女性との結婚は回避すべきものとして周知されているのだ。しかし、そこで話されている日本人女性の姿は、日本人としてはありふれた、いつも見ている姿に過ぎない。しかし同じものを外国人の目を通してみると、その異常性が浮き彫りになってくる。

日本人女性と結婚すべきでない理由

この記事では英語圏のフォーラムから10スレッドほどを選び、その中から目立った書き込みを邦訳し、統計データなどの補足を添えた。引用元はすべて明示してあるので、時間のある方はご自分の目でチェックしてほしい。先にざっとまとめると、日本人女性と結婚すべきでない理由としてよく言われているのは以下のようなものだ。

  • 働かないのに家計を含む家庭内を支配し夫を下位に置く
  • 支配するための手段として暴言や経済虐待や子供を利用する
  • パートナーに対する敬意や感謝や愛情がなくATM扱いする

上記のいずれも、私たち日本人から見ればごく普通の、ありふれた、日本社会で許容されているものだ。しかし文化圏の異なる外国人男性の目を通して見ることで、日本人女性の異常さがよく理解でき、新鮮で興味深い体験となる

働かず依存的になる

外国人男性にとって日本人女性は「対等なパートナーシップを築けない存在」であるようだ。欧米では夫婦それぞれがフルタイム労働し所得は個別に管理するのが一般的である[1]のに対し、日本女性は海外では単なる無職とみなされる主婦を立派な職業とみなしてまともに働かず、夫に経済的に依存する。にもかかわらず夫婦関係では妻が支配的で、夫婦としてフィフティ・フィフティの関係を築けないことが問題視されているのだ。

厚労省の発表によれば2019年時点で、共働き世帯1,245万世帯に対して専業主婦世帯は582万世帯ある[2]。これは婚姻世帯の32%で妻が無職であることを示す。また内閣府の調査によれば、共働き世帯の妻のうち58%は週35時間未満のパート勤務だ[3]。実に、妻の71%は無職の専業主婦またはパート勤務の準専業主婦だ。また、既婚女性の半数以上にあたる57.5%が、結婚から第一子の出産までの間に無職になる(内閣府)[4]など、日本女性はとにかく賃労働を嫌がる。

子供が生まれたら、99%の確率で日本人の妻は仕事を辞め、正社員に戻らない。まったく働かないかパートタイムでしか働かない妻と子供を養うことを覚悟しなければならない。[5]

多くの日本人女性は結婚にあたって、仕事を辞めて専業主婦になり、経済的に夫に依存することを期待している。それと同時に家計を支配し、あなたが趣味に没頭したり友人と飲みに行くなど自分のためにお金を使いすぎると怒るだろう。[6]

日本人女性にはまともな仕事に就くための市場性のあるスキルがない。仮にスキルがあっても、彼女らはすぐに仕事をやめて夫にすべてを押しつけることを計画している。夫に飽きたり、夫が仕事を失ったりすれば、彼女らは夫の元を去り、慰謝料を取られ、夫は二度と子供たちに会えない。[7]

日本人女性は結婚すると家庭の主婦になり、あなたは外で働く父となる。あなたは子供のために頑張る一方で、かつて妻と一緒に過ごしたときの親密さや愛情は消える。あなたの収入が少なければ、あなたの人生は非常に長い間、最悪なものになるだろう。私は個人的に、月に数千ドルしか収入がなく、日本語もほとんど話せず、自分の居場所のない国で死んだような結婚をして、いつも惨めな思いをしている英語教師などを見てきた。[8]

ほとんどの日本人女性は結婚すると、働くことではなく家で子供の面倒を見ることを選択する。この国では、女性は家庭の支配者であり、指示を出し、子供の教育、家の購入、車の購入など、経済的に大きな決断をする。家の中では女性が主導権を握り、財布の紐を握り、夫よりも上位に君臨する。[9]

夫と子供を所有物のように支配する

日本人であれば、恋人のときには従順だった日本の女性が妻になった途端に夫を尻に敷くようになることはごく普通であり、自然なことだと考えている。伝統的な日本型の家父長制では妻は家庭を管理する役割を担ってきたためだ。しかしパートナーや子供との対等な関係を大切にする外国人男性たちにとって、自分や子供が妻の所有物のように扱われることは我慢できない屈辱のようだ。

日本ではいまだに近代家族の概念が強固に残っており[10]、子供は親の所有物という感覚が強い[11]。身売りや奉公、捨て子や間引きがあったのは過去のことだが、現在でも親子心中[12]や子の連れ去り[13]のような形で子を親の所有物のように扱う風習が残っている。これは子供といえども独立した個人として尊重する外国人には理解できないことのようだ。

日本の女性は結婚すると、あなたがよほど自己主張しない限り支配的になってしまう。子供に執着し、ベッドでは冷淡で、夫とはその場しのぎの関係しか築こうとしない。もちろん全員がそうとは限らないが要注意だ。私は日本に住む外国人夫婦を何組か知っているが、その半数以上は幸せとは言えないと思う。[14]

日本人女性と結婚している外国人の友人がたくさんいるが、ほとんど全員が悲惨な目に遭っている。日本人女性は結婚して子供ができると、要求が多くなり、威張り散らし、支配的になるという話をよく聞く。そして男たちはセックスレスに悩んでいる。彼らは皆、日本人の女性と結婚することについて私に警告してきた。というより、全員が「やめておけ」と言っている。[15]

日本の女性は20代前半から更年期にかけて性格が大きく変わる。20代のおとなしい女の子だったときには、自分では何も決められず私がいなくては生きていけないかのようだったが、時間の経過とともに、非常に自己主張が強く、意見を言い、かなり支配的な人に変わった。このような変化は30代後半から更年期、そしてその余波を経て、ますます加速度がつく。私は自分の妻だけでなく、数名の友人の結婚で同じものを見た。[16]

日本女性は結婚すると夫を家計の収入源とみなし、子供ができるとそれは強まる。このガールフレンドから妻への大きな変化に、あなたは裏切られたと感じるだろう。彼女にとって重要なものは家族だけであり、そこにあなたは含まれない。彼女は子供たちを、自分とあなたとの二人の子供ではなく自分固有の所有物とみなし、ゆっくりとあなたから遠ざける。日本国内で、または海外から日本へと子供を誘拐しても、日本では犯罪にならない。もし彼女が子供たちを日本に連れて行けば、あなたは彼らの人生から永遠に消されてしまうだろう。[17]

私は美しい日本人女性と結婚した。セックスも人間関係も素晴らしかったが、結婚してわずか2日後に、彼女のすべては変わってしまった。しかし私は学習が速いので、ハネムーンの2ヶ月後には離婚した。私は、女性にあれこれ指図されたり、毎日うるさく騒がれたり、私の給料をコントロールされたりするのは我慢できない。彼女は、彼女の前夫が親権を持っている息子の養育費を、私に払わせようとした。要するに「変わった」「くだらない」と思ったらすぐに、最短距離で出口に向かうことだ。人生は短く、楽しみは多いのだから「直せないもの」を直すのに何年も費やすのはやめよう。[18]

お小遣い制で夫を拘束する

日本人女性は夫を支配する手段のひとつとして経済虐待を行う。小遣い制によって夫の経済的自由を奪い、自尊心を損なったうえで、家庭内のあらゆる決定権を自分のものにするのだ。日本人にとってはごく普通のこの状態も、外国人男性にとっては耐えられないほど惨めなものであるようだ。

なお家計管理のあり方についての国際比較データ(ISSP-2012)によれば、日本は家計管理において小遣い制(妻が家計を管理し夫は小遣いをもらう)を採用する世帯の割合が調査対象35カ国の中で1位[19]であり、世界的にはかなり異質であることがわかる。

収入が多い私の口座から支出をすべて支払い、お小遣い制にしたいと日本人の妻は言う。このように家計を管理することで、口論しなくて済むようになるらしい。突然のことで受け入れられなかった。すると彼女はいつものように激怒し、節約計画の代替案を要求している。[20]

結婚すると日本人女性は大きく変わる。給料を全額送金するよう要求し、お小遣い制に移行する。彼女が請求書の管理をし、大きな買い物の決定をする。夫は1日700円で生活し、彼女が素敵な誕生日プレゼントを要求してきたり、子供たちがサーティーワンでアイスクリームを食べたいと言ってきたときに、夫はビールやスターバックス、コンビニコーヒーすら買うお金がないことに気がつく。[21]

私の知り合いたちにとって小遣い制は、日本人の妻が彼らの自由な時間と私生活を支配する手段だった。彼らは同僚と飲みに行く小遣いにすら不足した。浮気相手と出会う機会はなく、出会ったとしてもラブホテルに行く金がない。これらの男のほとんどはそんなことはしないのに、妻が不安がってとにかく締め付けていたのは悲劇だ。[22]

私の知っている限り、日本人の妻を持つ外国人の夫のほとんど全員がお小遣い制だ。狂ったことに「高いから」という理由でゲームに課金できない男すらいる。会計士にとって1,100円が高いとは思えないんだが。[23]

私は次の理由で、同棲していた婚約者と別れた。彼女は非常に人を操るのがうまかった。彼女は保守的な家庭の出身で、私の家計を管理した。私は東京で働いているのに、お小遣いは一日600円だった。東京だぞ。私がこの問題について何も言えなかったのは、彼女が殴る、蹴る、私の物を壊す、服を破るなどの暴力を振るうからだった。とにかく、全体的に恩知らずで、常に感謝されていない不適切さを感じていた。[24]

暴言と虐待を繰り返す

家庭や夫を支配下に置くために日本女性が使う常套手段は、前項のお小遣い制による経済的な締め付けのほかに、暴言、大声で泣き叫ぶ、絶え間なく怒りをぶつける、といった暴力がある。私たち日本人にとっては見慣れたものだが、外国人男性にとってはとてつもない恐怖を感じるものらしい。

内閣府男女共同参画局による2021年の「男女間における暴力に関する調査」によれば、これまでに妻からのDV被害を受けたことが一度でもある20代から40代の夫婦において、夫の半数が過去1年以内にも妻からのDV被害を経験している[25]。日本では警察や配偶者暴力相談支援センター(婦人相談センター)など公的機関に相談したDV被害男性は2%に満たない[26]ため妻のDVは野放しである。

絶え間なく浴びせられる「死ね」「出ていけ」の言葉に、私は絶望するほど疲れ果ててしまった。これは私にとって大問題だが、日本人の妻はまったく頓着しない。彼女は私が黙ればそれで満足なようで容赦がない。愛という感情はとっくになくなっているが、私は子供を死ぬほど愛しているので、もう二度と会えないと思うと耐えられない。[27]

日本人の妻は大きな家が欲しいと言い続け、私のお金をすべて奪い、働こうとしない。私には靴を買うお金すらない。私が仕事をしている間も怒りのメールを送り続け、帰宅すると喧嘩を始める。彼女は年中無休24時間体制で怒っている。結婚して1週間もすると、同じベッドで寝なくなった。[28]

日本女性と外国人男性の結婚には、とんでもない結末が待っているのが現実だ。信じられないような辛い状況を次から次へと見てきた。私が知っているだけでも、妻が子供を連れ去ったり、夫に「出て行け」と言ったりしたケースが5〜6件ある。[29]

日本人の妻が娘に暴言を吐いたり感情的になるので、私が娘を守る盾になっている。もし私たちが別れたら娘の人生がどうなるかなんて考えたくもない。離婚という選択肢もあるが、ほぼ間違いなく妻が親権を持ち、私は娘との生活から切り離されることになるだろう。[30]

20年来の結婚生活が破綻した理由は、妻がつまらない小さなことでも大げさに騒ぎ立てることが多かったからだ。数分で解決できるような問題でも、何度も何度も大げさに騒ぎ立てる。それは私たちの精神衛生上も良いものではなかった。[31]

離婚してよかった。結婚10年目に別れた。今はオーストラリアで2人の子供を育てている。日本人妻の暴力的な面はひどかった。嘘をつくのも、息子たちを無視するのも、もう耐えられない。とても苦い経験だったが、離婚してからはずっと良い生活を送っている。[32]

精神疾患や人格障害がある

外国人から見ると、日本人(女性だけでなく男性も)は精神疾患を抱えた人が多いように見えるらしい。精神が不安定で気分障害があっても精神医療にアクセスしないことが理由のようだ。また女性の場合には、それに加えて人格障害(境界性パーソナリティ障害)を抱えた人が多いように見えるという。感情の抑制が効かず、癇癪を起こしたり泣き出したりしがちなためだ。

滞日外国人の多くは、他の医療分野と比較して、日本ではメンタルヘルスの専門家に出会うことが困難であると感じている[33]。また日本社会について、日本人は精神疾患を不名誉なことと考えているため、個人としては精神医療へのアクセスを避ける傾向にあり、社会としては精神疾患を負っている者に抑圧的だと考えている[34]

日本人妻たちは愚痴をこぼし、文句を言う、困った連中だ。彼女たちの支配的で混乱した性格や、定期的な激高、子供や夫に対する毎日の暴言などが、結婚が破綻する大きな要因だ。精神的に不安定な人が多く、正常な社会生活や人間関係を築く能力がない。[35]

一部の日本人女性はとんでもなく狂っている。日本では精神科の受診を避けることが多いので、うつ病、妄想症、強迫性障害を持っていたり、肉体的・精神的な虐待をする人がいる。[36]

以前に同棲していた日本人ガールフレンドとの喧嘩の始まりはいつも、彼女が適当なことを持ち出して言い訳したり、泣いたり、人前で騒いだりすることだった。彼女が自分の感情を解放しつくして冷静に謝るまで喧嘩は終わらない。私は怒りっぽくないほうなので、いつも彼女を許していたが、彼女が仕事を辞めてお金の問題が出てきてからは、口論の頻度と激しさが増した。私はついに彼女と別れた。私が家賃を払っているアパートに帰って、何でもないことで夜中の3時まで言い争うことにうんざりしたからだ。[37]

正直、一般論は嫌いだけど、結婚して何年か経つと日本人女性が狂ってしまうのだけは勘弁してほしい。とてつもなくひどい。[38]

日本人の妻は非常に利己的で、要求が多く、相手の気持ちを全く考えないことがある。ひどく怠惰で、働かず、家事もしない人もいる。相手に普通の人間関係を築く能力があり、他者との当たり前の付き合いができると100%確信できるのでない限り、結婚しないことをお勧めする。よく知られているように、日本ではメンタルヘルスの課題が多い。[39]

セックスレスを当然視する

これは日本人の女性だけの問題ではなく、日本人男性にも共通の問題だ。日本人のセックスレスは世界的に有名で、つまりは日本人の問題と言える。日本家族計画協会が2020年に実施した調査によれば、男性の61.6%、女性の64.2%がセックスレス(特殊な事情のないカップルで性交が1ヶ月以上ない状態)である[40]という。

日本人は夫婦関係を役割(夫・妻 や 父・母 など)と考え、夫婦のロマンチックな関係を軽視する。その一方で外国人、特に西洋人は夫婦関係をロマンチックな夫婦愛を基礎とした関係と考えているため、セックスは重要な愛情表現となる。このすれ違いが理由で、日本人妻のセックスレスは外国人の夫にとって深刻な問題となる。外国人の夫にとってセックスレスは、夫への無関心、拒絶、愛のなさを示すものだからだ。

日本人女性と結婚してすぐに、セックスは時折あるものから、まれな、ほとんど存在しないものに変わった。彼女の無関心によって私は本当に傷ついた。しかし彼女にとってセックスは、結婚までのロマンスの一部に過ぎないものだった。[41]

娘が生まれた後、日本人の妻は3年近くセックスを拒否した。離婚するぞと脅すことで彼女は「セックスがないことがあなたにとって大きな問題だとは気づかなかった」と言い、やっと週1〜2回のペースに戻った。[42]

日本人女性には、子供を産んだら一方的にセックスをシャットアウトしてもいいと考えている人が多い。セックスだけでなく、ハグやキスなどの愛情表現も拒否される。それを相談しても「それが普通」「子供ができたからもうセックスは必要ない」などと切り捨てられる。この妻主導の「冷めきった結婚症候群」が、日本人女性と外国人男性の離婚理由の第1位だろう。このように結婚生活の安定を脅かすのは、非常に身勝手で非情なことだと思う。[43]

日本人女性は、子供を産んだり、30歳になっただけで、もう「性の義務」は果たしたとか、セックスは若い女性だけのものだとか思ってしまう。「私はお母さんになったのよ」とばかりに。そして夫は、彼女の気まぐれと現金引き出しの要求すべてに応えるロボットATMお父さんとなる。[44]

ATM扱いし人間扱いしない

ニューズウィーク日本語版が報じたところによれば、夫と対等以上に稼ぐ妻の割合において、日本は世界最低レベルの国である[45]。日本人女性が夫に強く求める役割は一家の大黒柱としての稼得役割であり、優れた夫とは優れたATMだ。しかし外国人男性にとって日本人妻にATM扱いされる状態は、妻からの感謝や敬意がなく家庭内で疎外された状態であり、人としての尊厳がパートナーによって踏みにじられている状態であると感じるようだ。

日本人は21世紀の現在でも性役割意識が強固であり[46]、女性は主婦となって妻や母の役割に固執する[47]。他人を家に入れたり他人が家事をすることを嫌うなどの理由で家事代行サービスの利用を避け[48]、家事代行サービスを利用したのは全体の約5%にとどまる[49]。日本ではこのように妻が家庭内での役割を独占する一方で、夫の役割は家庭内にはなく、単なるATMとなる。これを外国人が理解するのは難しい。

子供ができると、多くの日本人女性は過干渉なモンスターママや教育熱心なタイガーママになり、夫との結婚生活よりも子育てを優先する。夫の存在は、子供を養い、子供を学校に通わせ、妻の現在のライフスタイルを維持するための、栄光あるATMマシーンになる。[50]

私の同僚にも日本人の妻を持った外国人が何人かいるが、全員が全員ともかなり悪い状態で、すでに離婚した者もいる。お互いに飽きてきて、夫が浮気するか、妻が夫を銀行口座としか見なくなるという、同じパターンが多い。[51]

私には自由になる時間が1分もないにもかかわらず、日本人の妻から銀行口座のように扱われていると感じることが何度もあり、こんな状態は受け入れられないと強く申し入れた。彼女の態度のどこが悪いのか、知り合いの例を挙げて説明して、やっと通じた。彼女はその態度が受けいれられないことを理解し、生活へのアプローチを変えた。[52]

日本人の女性と結婚して12年になるが、6年間セックスレスだ。最後にセックスしたとき、彼女は2番目の息子を妊娠した。彼女はこれを機能不全とは思っていない。私が仕事に行って、彼女にお金をたくさんあげれば、結婚生活はうまくいく。率直に言って、欧米の男性は気をつけた方がいい。日本の女性は子供が生まれると変わる。彼女の中に夫はもはや1%も存在しない。日本の女性は、子供のいる夫をATMのように見る。夫はただ家族のためにお金を払うだけの存在だ。[53]

短期的な関係なら日本女性は人気

外国人男性の間での日本人女性の評価は「結婚には向かないが、短期的な関係にはよい」というのが主流だ。全能の神がすべて見通していると考えるキリスト教的な貞操観念では、恋人や配偶者がいる場合には浮気は絶対に許されない。しかし日本人の貞操観念の典型は「バレなければ浮気してもいい」だ。

日本家族計画協会が2020年に実施した調査によれば、パートナー(彼氏や夫)以外の人とのセックスの経験がある女性の割合は、20代で64.2%、30代で57.7に及ぶ[54]。このように日本人女性は自身の浮気に寛容な特性を持っている人の割合が高いため、その人に彼氏がいようが夫がいようが関係なく、性的関係を持ちやすい。

多くの外国人男性は来日当初、一夜をともにした日本人女性が「婚約者が遠方にいる」とか「夫がいる」などと言うのを聞いて大きなショックを受けるという。来日から間もない外国人男性は、始まりはナンパだったとしても中長期的な関係を求めて日本人女性と付き合うが、パートナーのいる日本人女性に遊ばれたことに気づくからだ。

しかし滞日期間が長くなるにつれて外国人男性は日本人の貞操観念を学んでいき、また日本人女性との結婚の危険性を学び、日本人女性との付き合いは短期またはワンナイトに限るようになっていく。短期やワンナイトの遊び相手として割り切ってしまえば、攻略しやすい日本人女性は人気の存在だ。

筆者の感想では、私たち日本人男性もこれを見習うべきだと思う。日本で生まれ育つと、日本女性の性質はそれほどおかしなものとは思わなくなってしまうが、それは間違いだ。主婦志望で依存心の強い日本女性と結婚して自分から墓穴を掘る必要はない。日本人女性との付き合いは短期またはワンナイトにとどめ、結婚を避けるMGTOW(ミグタウ)という生き方を選ぶのが賢明だろう。

よくある質問

日本人男性も日本人女性との結婚を避けるべき?

基本的には個人の自由に属することだが、日本人女性の特性を考慮するなら、日本人男性も日本人女性との結婚は回避すべきだろう。日本女性は世界で最低レベルに働かず、家庭内にとどまって家庭全体を支配する。夫は家庭内から阻害され、家庭外で稼得役割を果たすATMとして扱われるためだ。

結婚は男にはデメリットばかり?

男性にとって結婚は得られるメリットは何もなく、デメリットばかりである。趣味や勉強のために使える時間は減り、自由に使えるお金はほとんどなくなる。家の中に居場所はなくなり、住宅ローンを背負い、一生の奴隷労働が確定する。離婚すれば財産のほぼすべてと子供を失う。男性はMGTOW(ミグタウ)として独身貴族を満喫するのが賢いだろう。

日本人女性が働かないのはなぜ?

働かない理由として挙げられる主なものは、子育てに専念したい、家事負担が大きい、経済的に困っていない、などがある。しかしこれらは言い訳にすぎない。保育園に入れないなどの理由で子育てに専念する期間は1子あたり長くとも3年であり、現代の家事負担は軽く、経済的な余裕はあればあるほどよいからだ。実際の働かない理由は「働きたくないから」である。

日本人女性は男をATMだと思っている?

日本の女性のほとんどは夫をATM扱いする。日本人女性は強固な経済上方婚志向を持っており、この結果、日本は夫と対等以上に稼ぐ妻の割合が世界最低レベルである[55]。その一方で、夫が外で働くことは当然とみなし、稼得役割を果たす夫に対する敬意や感謝はない。これは日本人女性全体の傾向だ。

脚注

脚注
1日本の「夫に小遣い」制は世界でも珍しい? | 女子SPA!
2図表1-3-14 男性雇用者世帯のうち共働き世帯と専業主婦世帯の推移|令和2年版厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える-|厚生労働省
3令和2年版 男女共同参画白書 概要 | 内閣府男女共同参画局(PDF)
4内閣府男女共同参画局 パンフレット「ひとりひとりが幸せな社会のために ~令和2年版データ~」
5, 7, 17, 28, 36What are the pros and cons of having a Japanese wife or girlfriend? – Quora
6, 51, 52Dear Japanese married couples, how is your family going? Soon to become one, need advice : japanlife | reddit.com
8, 9, 50What are some risks of marrying a Japanese woman from Japan? – Quora
10日本の家族の現状 | 家族 – Wikipedia
11子供という概念の形成 | 子供 – Wikipedia
12日本の親が子どもを「モノ」扱いしてしまう、根本的な理由 – 産経ニュース
13親による子供の拉致 – Wikipedia
14Are Japanese girls good to marry with? – Quora
15, 41, 42Is anyone here happily married to a Japanese woman? : japanlife | reddit.com
16, 21What do I need to know about dating Japanese women? – Quora
18, 24, 31, 32, 35, 39, 43, 44, 53Foreign men share their reasons for divorcing Japanese wives – Japan Today
19世界的にみて異質「なぜ日本の家庭では妻が財布の紐をにぎるのか」女性の家計を分担する意識が希薄 | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
20, 22, 23, 27, 30, 38Wife forcing change to “pocket money” allowance : japanlife | reddit.com
25内閣府男女共同参画局「男女間における暴力に関する調査(令和2年度調査)」配偶者からの暴力の被害経験(PDF) 図 2-2-3 を参照
26内閣府男女共同参画局「男女間における暴力に関する調査(令和2年度調査)」配偶者からの暴力の被害経験(PDF) 図 2-4-2 を参照
29, 37Those of you who married Japanese women but got divorced, what was the deal breaker? : japanlife | reddit.com
33What To Expect When Using Mental Health Services – Japan Healthcare Info
34Mental Health in Japan: Stigmas and Low Inequality
40, 54一般社団法人 日本家族計画協会「ジャパンセックスサーベイ2020」
45, 55夫と対等以上に稼ぐ妻の割合、日本は世界最低レベル|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
46女性の自立を妨げる現代日本の家父長制的ジェンダー差別
47「日本の主婦は地位が高く居心地が良い」女性を働きにくくしている隠れた理由 主婦が財布の紐を握る珍しい習慣 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
48「家事代行サービス」利用したくない理由は? | マイナビニュース
49家事代行サービスに関する調査(第2回)/アンケートデータベース(MyEL)